バスケクリニックなのに…?

この記事は3分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。

最近、投稿が滞っておりましたが、
いろいろとひと段落したので、
また投稿していきたいと思います。

今日は、先月開催した
東京武学クリニック
について書いていこうと思います。

東京武学クリニックは
かなりの急募だったのですが
10人もの変態さんが来てくださり、
来てくださった方々には感謝しております。

やることはいつもと変わらず
「自分の可能性に氣付くこと」

姿勢から始まり、
シュートを徹底的に、
最後はウォータードライブの基礎となる
「接触回避」
を少し深いところまでやっていきました。

姿勢はいつ通り、
「自分に本当に合った姿勢」
を徹底的にチェック。

そして、なぜその姿勢がいいのかも合わせて確認。

姿勢を整えるだけでできることを確認すると
毎回みなさんが
「え、これだけでこうなるの?」
となるので観ていて面白いですし、
毎回、姿勢の大切さを再認識させられます。

「姿勢は基礎であり、奥義」
です。

シュートでは姿勢も応用しながら、
どういう状態であればボールに対してエネルギーが通るか?
を徹底的にやっていきました。

どこか一部に頼るのではなく、
一つ一つ丁寧に確認していきながら、
全体をエネルギーが通る状態にすることで
ボールにもエネルギーが通ります。

それを体感しながら
今の自分のフォームをチェックしていきました。

あとはいつも通り、
「シュートはパス」
「上昇エネルギーを前へのエネルギーに」

を実践していきながら
あまり思考を介入させないように
シューティング。

みなさんどんどん飛距離を伸ばしていき、
「あれ?スリーポイントライン知ってますか?」
と言いたくなるくらい遠くから打っておられました。

お昼に少し休憩を取ったのですが、
誰一人として休憩しておらず、
まるで子供のようにひたすらシュートを打っておられるみなさんを観て、
「あ、これが本来の人の姿だよな」
と思いました。

シュートの時以外はほとんどボールに触れることがなく、
バスケクリニックと言っておきながら、
氣付いたら寝技からいかに脱出するか?
というところに発展していっており、
ほとんど武学的なことばかりやっていました。笑

しかし、それが実はバスケに繋がってくるので
これはこれでいいかなとも思っています。

参加者のみなさんもできてしまう自分に
「え、なんで?」
となりながらも楽しそうに寝技を掛け合っていて
それもまた面白かったですね。

一つ心残りなのは
楽しくて時間がすぐに過ぎてしまい、
参加者さんと1on1ができなかったこと。

講師として時間配分を
もっと極めていかなければいけません。

東京も定期開催していく予定なので
これからもっと面白くしていきたいですね。

開催にご協力いただいた方、
参加してくださった方々、
ありがとうございました。

最後に参加者のみなさんの振り返りも載せてあります。

クリニックの依頼はいつもでお待ちしておりますので
お問い合わせからご連絡ください。


参加者さんの振り返りはこちら↓

■今日一番面白かったところは?
・シュート練習
・ジャンプしながらスリー
・シュートについて
・エネルギーを相手に入れていくという感覚
・ロングシュートをパスを出す感覚で打つこと
・姿勢について
・態からシュートに行く流れが面白かった
・回避の仕方

■今日一番興味があったところは?
・軸ずらし
・ディープスリー
・ハーフラインスリー
・ウォータードライブの身体の使い方
・7つの態
・接触回避
・シュートフォームについて
・やはりシュートです
・寝技の回避

■今日の講座で得た氣付きは?
・モノは考えよう
・力を使わないでスリーが届くこと
・今まで以上に楽にシュートを打てた
・ボールのリリース角度の発見
・固定観念で物を観ないこと
・体を研ぎ澄ます感覚
・逆再生で戻ることが大切
・練習仲間のありがたさ
・自分の軸、正しい姿勢を保ちながら力を逃がすテクニック

■今日の講座で今後使えそうだと思ったところは?
・姿勢の作り方
・アップ、練習でジャンプしながらスリーで感覚調整
・ディフェンスの時の体のズラし方
・シュートのリリースタイミング
・態について
・回避について
・ロングシュート
・接触回避
・ゼロポジション
・シュートがこれからさらによくなるように思います
・軸ずらし
・ビックマンに面を取られそうになった時やポストプレイで受けるときのDFに役立ちそう

■今日の自分の一番の成果は何ですか?
・楽にシュートが打てるようになった
・力を使わずスリーが届くことがわかったこと
・シュートの練習法を教えていただいたこと
・力を抜いてもゴールにボールが届く
・ハーフライン近くからシュートが打てるようになった
・自分のポジションがわかったこと
・ニュートラルが少し観えてきたこと
・回避と軸ずらし

■今日の感想
・身体の使い方次第で力の伝わり方がかなり変わってくるのが実感でき、とても面白かった
・力を使わない世界をバスケットや日常生活に応用したいと思いました
・武術という面からバスケットを教わり、新たな面も見つかり、自分がものにできそうな経験ができたので良かった
・初めて聴くことでもあり、体験したことが大きい
・やってみたことで身になる気がする
・自分の身体の中に色々な力があって、考え方や使い方を変えることによって色々な力を見せてくれることに気づいた
・とてもためになりました
・大変楽しい講座でした。内容だけでなく、指導いただく流れも素晴らしかったです。勉強になりました
・2回目の参加でしたが新たな収穫がありました!来て良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 09.07

    胆力の強さ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている
クリニックのご依頼はお問い合わせからご連絡いただけるとありがたいです

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。