1. どうも、慎です。 久しぶりの投稿となりました。 久しぶりになってしまったのは、 今月はやけにクリニックやら講座やらで インプットとアウトプットが 目まぐるしく行われていたからです。 そんな今日も地元の中学校に …

  2. タイトルから早速何言ってんだこいつ状態。 どうも慎です。 今日は僕のバスケライフについて 書いていこうと思います。 バスケを始めたのは小学校4年生の時。 友達に誘われたのがきっかけでした。 そこからあれよあれよと…

  3. 僕のブログやツイッターでも 結構質問が多い、 站椿功のやり方 について書こうと思います。 最初に言っておきますが 一人での確認はできません。 必ず対人で行います。 また確認してくれる 相手の感覚 が悪け…

  4. ある読者の方から バスケットボールの楽しさってなんですか? との質問があったので 今日は バスケットボールの楽しさ についてじっくり書いていこうと思います。 といいたいところですが、 先に結論を述べます。 バスケ…

  5. 前回の記事 敵を味方に引きいれる (↑相手が弱い場合の戦い方が書いてあります) でこんなコメントをいただきました。 大事だとは思いますが、必要以上に点差をつけないって難しいですよね。 偶然や流れで一気につめられて、逆転されたり…

  6. 前回は 彼を知り、己を知れば、 百戦して殆うからず という孫武の考え方から 相手の情報を知っていれば 試合を最小エネルギーで勝って 次に繋げられる。 ということを書きました。 ここで、彼を知ったとき、 三つ…

  7. 2500年前に孫武が作った 「孫氏の兵法」 現代においてもビジネス、経営戦略など 様々なところで活躍している 戦略の叡智 それを僕なりにバスケに落とし込み 「孫氏の籠球法」 という形でいろんな視点から 書いていきたい…

  8. 「皆の者、覚えておけ」 「明日の夜も語らうぞ!」 この言葉を聞いてピンっときた人は 今頃鳥肌が立っているはず… 今回は 漫画「キングダム」 に登場する、秦王 嬴政から学ぶ トップとしての在り方 僕が一度記事にした…

  9. 今日は指導者が見落としがちな 選手に指導する前に大事なこと ということで書いていきます。 これができれば、 選手は「あ、そうなんだ。」と あなたの伝えたいことを受け入れ、 選手と共に成長していける そんな指…

  10. 「なぜ言ったことがわからない!」 「どうしてそんなこともできない!」 「わからないなら外走ってろ!」 指導の現場でよく出そうな言葉。 なぜ選手たちにはあなたの伝えたいこと が伝わらないのでしょうか? してほしいことを…

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RETURN TOP

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。