実際に会って体験することの大切さ

この記事は3分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。

最近、いつも通り撮影仲間の
原田君、立田君と一緒に1on1をすることが多いのですが

先日、
「武学とバスケを学ばせてほしい」
とのことで新潟県の佐渡島から
変態さんが富山に来てくださいました。
(変態は褒め言葉)

その方は僕のオンライン講座に入ってくださっている方ですが
やはり、文章や動画だけでは
伝わらない部分も多くあり、
「実際に体験したい!」
と思い、富山に来ることを
決意されたそうです。

午前中は武学をみっちり稽古して
午後は体育館で数時間1on1や
僕がオンライン講座でやっている
・ウォータードライブ
・攻めさせるDF

についてやらせていただきました。

武学ではオンライン講座でもやっている
・自分に合った姿勢
・禮
・站椿功

などを伝えさせていただき、

それまで対人でいろいろできていなかった分、
禮をするとどうなるのか?
站椿功がちゃんとできているとは?
を実感していただき、
「ほんとにそうなるんだ…」
とおっしゃられていました。

やはり実体験に勝るものはないですね。

逆に言えば
体験していないものは価値がなく、
意味をなさないとも言えるかもしれません。

午後からのバスケでもそれは変わらず、
普段僕が投稿しているように1on1動画を観ても
「DFちゃんとやれよ」
「手抜いてるだけだろ」

とか思われてしまいそうですが、

なぜそう観えるのか?
実際どのようにしてDFをそうさせているのか?
をみっちり数時間にわたって、

説明と実体験で体感していただきました。

水のような状態で抜かれるとどうなるのか
相手の意識の途切れを狙うとどうなるのか
予備動作があるのとないのでは何が違うのか


いろんな情報を提供できたのではないかと思います。

来てくださった方も
「これは体験してみないとわからない…」
と何度もおっしゃられていました。

また、僕たちがやっている1on1の一つの特徴として
「やられたら笑ってしまう」
ということがあります。

普通1on1をしていて、
相手にやられてしまったら、
悔しくて、逆にやっつけてやろう
という思いが出たりしますが、

そういうのは一切なく
「あ~!やられたー!!笑」
って感じになります。

それは僕や原田君、立田君の在り方
それによって創られる「場力」でもあります。

そういう場を創れていると

やられたときには
「次はこうしてみよう」
「こうがいいんじゃないか?」

と自分がどうすべきかが観えてきます。

ただ闇雲に反抗する気持ちのまま進むことも一つですが
自分の身体と相手にしっかりと向き合う時間も
とても大切です。

実際、
普段バスケをしているとその方は
「やられたらやり返す気持ちが強い」
とのことでしたが、
「そんな気持ちが一切なく、次どうしようか考えることができました」
とおっしゃれており、

それを聞いて僕たちも
「自分たちの在り方がすべてだな」
と再認識させていただきました。

来ていただいた方には全力で。

全力でやるからこそ自分にも観えてくるものがある。

武学の三大学育の一つ
「教学共育」
の素晴らしいところです。

また、佐渡はとてもいい所&変態さんが多いとのことで
夏あたりにコラボ合宿なんかを企画しようとの
話しにもなりました。

楽しいことが実現できるように
行動あるのみですね。

最後に、今回参加された方の感想と
1on1の動画を載せておきます。

今年は人に会う機会をたくさん持とうと思っているので
ご興味ある方はいつでもご依頼ください。

■変態さんの感想
【一番面白かったところ】

みなさんに実際にお会いすることができたことです。ブログやオンライン講座も素晴らしく、いつも拝見しておりますが、実際会うことの情報量というか、エネルギーに勝るものはないなと思いました。
【一番興味があったところ】
禮について教えていただいたことが、一番興味深かったです。禮に始まり、禮に終わるということを実体験できて良かったです。
【クリニックで得た氣づき】
武学というか、身体の動かし方は奥が深いと思いましたが、その本質はシンプルだったということです。全ては身体が答えを知っているんですね。
【講座で使えそうだと思ったところ】
毎日の稽古の仕方を教えていただいたことです。ウォーミングアップ(正しい名称を忘れてしまいました、すみません)から禮、站とう功の流れと正しい姿勢のチェック方法を教えていただくことができて良かったです。
【自分の1番の成果】
自分にとっての1番の成果は、みなさんと1on1をさせていただいたときに、手も足も出なかったことです。昨日も少しお話しましたが、悔しい気持ちがほとんど湧いてこかったことに自分でも驚いています。それよりも、これから稽古に励めばさらに自分を高めていけるんだと思ったら、嬉しくてワクワクしてきました。モチベーション上がりまくりです。
【感想】
昨日のクリニックで、武学にとても興味を持ちました。丁寧にご指導していただき、本当にありがとうございました。

■変態さんとの1on1


質問、クリニックのご依頼はこちらからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 07.10

    メンタルと体

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている
クリニックのご依頼はお問い合わせからご連絡いただけるとありがたいです

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。