武学とは自分を知る至高のツール

この記事は2分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。


なんか以前にもこのテーマで
ブログを書いた氣がしますが
氣にせず書いていこうと思います。笑

なぜこのテーマで書こうと思ったのか
というと…

ここ最近、SNSを見てたり、
僕に来る質問を観たりする中で
こんなことを思うのです。

「みんな外に答え求めすぎだな~と」


あれがいい、これがいい
あれは悪い、これは悪い
と議論したり、批判したり、

すごい選手がやっているから
それがいいと思いこんだり、

ネットに書いてあったから
それがいいと思いこんだり、

信頼している人が言っていたから
それがいいと思い込んだり、

検証法もなにもないのに
評判がよかったからやってみたり、

情報がありすぎてどれがいいか分からず
途方に暮れてしまったり…


過去の僕もそうでしたが
今いろんな人がこんな状況に
陥っているなと感じています。

これらは
「答えを外に求める」
ことによって起こることだと
僕は思っています。

結局
「答えは自分の中にしかない」

それは重々承知で言葉では
「人それぞれ」
「選手に合った指導を…」
などと言っていたとしても

それが本当にできているのか?
というのはすべて終わってからの
結果からしか判断できない状況。

そんな曖昧な判断しかできないがゆえの現状。

そらみんないろんな迷いが出て、
いろんなものに手を出して、
すごい遠回りをしてしまうなと。

遠回りもいいのですが、
「いつたどり着くんだ?」
ってくらい大回りしているなと。


僕はこんな現状を変えたいなと
いつも思っています。

みんながそれぞれに合ったものを
ちゃんと取捨選択できて、

互いの選択を統合して、
さらにいい選択をしていく。

そうすればどんな面白い世界が
広がっているのだろうかと。


僕自身は
「武学」
に出会えた事によって

「答えは自分の中にしかない」
ということを本当の意味で知りました。

そして、実体験から
「武学」
を使えば次なる面白い世界が
創れるのではないかと確信しています。

自分の中の答えがわかれば
なにも迷うことがないですし、

本当の意味でそれがわかれば
誰かを批判することも否定することも
なくなります。

教える側も
「それぞれに合った指導」
が本当の意味で行えます。


そうなればみんなで新たな道に
進むことができる。

そう思いませんか?

と訴えかけてみる。笑


もう一つ、
勘違いしてほしくないのですが

よく武学についてこんな質問が来ます。

「武学をやればパフォーマンスは向上しますか?」
というものです。

「武学」
というのは
「答えは自分の中にある」
ということを教えてくれる
「ツール」

なので

パフォーマンスが向上するかどうかは
あなたがどう取り組むか?

でしかありません。

あなたが中途半端に取り組めば
中途半端な向上しかないですし、


本氣で取り組めば
本物が手に入る。


それだけです。

なので答えは
「YesでもありNoでもある」
です。

これは僕の師匠も何度も言ってくれます。

「武学はあなた自身」
だと。

検証法もすべてはっきりしている武学では
どれだけ取り組んでいるかはすべてわかります。

すべてがはっきりしている
「科学の世界」
です。

もし、今後
「武学を学んでみたい」
という方は今言ったことを
念頭に置いておいていただければと思います。


その上で
「武学」
を学んでみたいという方は
いくらでもお問い合わせください。



では今日はこの辺で。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。