自分に合ったシュートフォームを見つけるには?

この記事は2分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。

前回は
「胆力とシュート」
について書きましたが、

なかなかTwitterやFacebookでも
反響が大きく、

「どうやったらそんな軽く打てるのか?」
「なにかコツはありますか?」

など多くの質問をいただきました。

正直に言うと
最近はなんかわからないですが
「あ~こんな感じで打てばいいな~」
というものが降りてくる感じなんです。


「身体がこんな感じがいいって言ってるな~」
とも言えます。

しかし、
それは武学的な稽古を積んでいった先にある感覚です。

それをやる前までは
・身体の各部位の動かすタイミング
・それらの連動

を地道にいろいろ検証しながら
フォームを創っていました。

それだけでも実際はすごい進化をしていき
軽くはなっていったのですが、

今ぐらいになるには
かなり時間がかかるな~
と感じています。


しかししかし、
その地道な経験をしてきたからこそ
今、身体の声を素直に訊くことができている

と思います。

僕が以前どんな考えで
どんな身体の使い方をしていくことで
シュートフォームを創っていたかは

こちら↓


に申し込んでいただければわかります。


そして、この講座に入っていただけている方には
今後、その次のバージョンである
「武学シュート講座」(名前は未定)
の提供ができたらなとも考えています。
(開講日、内容も未定)

なので、
まずは自分の身体を知り、対話するために
「消えるシュートの創発」
に入っていただいて、
そのあとの講座に備えていただければと思います。


とセールスはこれくらいにしておいて…

結局シュートフォームというのは
「自分で創るしかない」
というのが僕の考え方です。

僕によく来る質問を例にすると

「誰かがこう言っていましたが、
 これは合っているのですか?」


という質問。

その誰かには合っていたというだけで
ちゃんと自分で検証しないといけません。

今、「検証」という言葉を出しましたが、
この「検証」をしない人が多すぎる
僕は感じています。


合っているかどうか気になるなら
「自分で検証する」

という癖をつけた方がいいと思います。

自分が尊敬している人が言っていたから
これが正解だ!
となって身体の声も訊かずに
身体は苦しいと言っているのに続けていては
ずっと縛られたまま身体は進化しません。

実際に自分で検証してみて
合っていなければ合っていなかったでいいんです。

それで
「あの人の言っていることは間違っている」
となる人もいますが、それは違います。

先ほども言ったように
「その人には合っていて自分には合わなかった」
ただそれだけです。

そういう考えでどんどん「検証」していきましょう。

そして自分にとって
良いものは取り入れる
悪いものは取り除く
を繰り返していけばいいだけです。


「コツ」なるものも同じです。

これがコツです!
って言っている人にとってはコツで
あなたにとっては違うかもしれないので
「検証」
です。

あとは
「シュートがうまいNBA選手はこうだから」
というのも同じです。

もうわかりますね。

「検証」です。

「そんなことわかってるわ!」
という人ももう一度考えてみてください。

「自分は本当に情報を鵜呑みにしていないか?」


そうやって取捨選択していった先に
「自分だけのフォーム」
が待っています。


余談ですが、
子供たちが自分で選択できなくなっていくのは
常に縛ろうとする指導
常に言うことを聞かせようとする躾

にも原因はあると僕は思っています。

子供たちに直接接していくことも必要ですが
「指導者」「親」
が学べる場も必要だなと最近強く思います。

そのような場も創っていきたいので
「僕も手伝います!」
という頼もしい方がいらっしゃったら
僕に教えていただけると嬉しいです。

一緒にいろんなこと企画していきましょう。


では今日はこの辺で。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • michael
    • 2018年 8月11日

    シュートの創発講座の申し込みをし、振り込みもしたのですが、その主旨のメールが来ませんどうすれば良いですか?

      • bewater
      • 2018年 8月11日

      こちらでの確認ミスでした。
      申し訳ありません。
      本日より会員サイトに登録していただけましたら届くようになっております。
      よろしくお願いいたします。

  1. 2018年 10月27日

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。