站椿功をやる前に超重要なこと

この記事は2分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。


最近、僕が
「胆力」
「胆力」
「胆力」

と言っていることもあり
非常に多くの方から

「胆力」はどうやって鍛えられますか?

という質問をいただき、

「それは站椿功です」
と答えたら、

「站椿功はどうやるんですか?」
と返されます。

そして、いろんな方が站椿功に
チャレンジしてくださっています。

それは非常にうれしいことなのですが、

実は過去のブログで僕も言っている通り、
站椿功をするときには
身体を「ある状態」にしてやらなければいけません。

それが
「ニュートラルの状態」
です。

このニュートラルの状態は
「禮(礼)」
によって創られます。


ニュートラルの状態でやらなくても
站椿功は効果があると言えばあるのですが、

「本当の意味での立つこと」

やその他いろんな深いことがわかってくるには
最低でも2,3年はかかると言われています。

というか2,3年以上余裕でかかるそうです。

ネットなどの情報でも
「ニュートラルの状態」

「站椿功」

をする。

なんて書いてないのでほとんどの人が
「站椿功の意味」
がわからずに挫折して
「站椿功なんて意味がない」
となってしまいます。


それだとせっかく素晴らしいものを
全員ができないじゃないかということで
「禮(礼)」
から創られる
「ニュートラルの状態」

があればその時間が一氣に短縮できるということを
発見したのが僕の師匠です。

そのおかげで
僕は站椿功を始めて一年になりますが、
「立つとは」
「ニュートラルとは」
「胆力とは」

などいろんなことがわかってきて

さらにそれが
・バスケ
・人間関係
・日常生活
・仕事

いろんなことに活きるようになってきます。


なので、もし
「站椿功」
を始めようという方がいたら

その前に
「禮(礼)」
を知っておくと効果はさらに高まります、
というか知っておいた方が僕は良いと思います。



「禮(礼)」
を知りたいときは
僕の師匠であるレノンリーさんの無料オンライン講座へ。

もっと知りたいという方は
僕のウォータドライブ講座(いずれ再募集します)や
実際僕が行うクリニックに来ていただければと思います。


「禮(礼)」
を知るだけでも人生にかなり活用できますが
せっかくならそこから
「站椿功」
に繋げてさらに人生に活かしていきましょう。


「站椿功」
についても詳しく知りたいという方は
僕が行うクリニックに来ていただければと思います。


では今日はこの辺で。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。