僕の理想の世界

この記事は2分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

電車の中、タントウコウの状態で
記事を書いてる

慎です。

これまで武学とバスケについて
いろいろと書いてきましたが、

今日は僕が目指す
・理想の世界
・理想のコミュニティ
・個人の理想

について書きたいと思います。

先月、初めて「武学」に触れたことで
僕の中で大きく理想の世界が変わりました。

これまでは
武術をバスケに応用した視点を
多くの人に知ってもらい、
バスケを豊かにしてほしい。

と思っていました。

しかし、「武学」を知れば知るほど
「武学」の可能性を感じ、
バスケだけに留めるのはもったいないな…
と思うようになりました。

「武学」を知れば
どんなスポーツをする人も
豊かになる…

だから
世の中のすべてのスポーツ業界に
「武学」のエッセンスをもっていき、
それによってスポーツをすることで

「人」としての
・生き方
・身体の使い方
・健康維持
・人との関わり方

が学べる状態にしたいと思いました。

これは言い換えると
「全スポーツの教育産業化」
という感じでしょうか。

スポーツに関わる全ての人が
どんなスポーツをやっていようと
そのスポーツすることで、

「人として成長できる状態」
にしたいのです。

これが僕が考える
「理想の世界」
です。

そして、
この「世界の理想」を目指して活動する
僕のコミュニティの理想は
「武学×スポーツの創発」
です。

今のスポーツ業界は
バスケならバスケ、
サッカーならサッカー、
野球なら野球、
のように

一つ一つのスポーツがバラバラで
他の競技から学ぼうとしたり、
他の競技同士での深い関わり
というのがあまりない
ように感じます。

しかし、
抽象度を上げれば
どのスポーツも
「身体を動かす」
ということです。

各種スポーツから学べることは
無限にあると思っています。

なので将来は、どこかに拠点を作り、
コワーキングスペースを
いくつか作りたいと思っています。

そこで
いろんなスポーツの関係者を集めて、
「じゃあ今日はNBAをみましょう」
「バルサのサッカーを分析しましょう」
という感じでたくさんの情報を
シェアしていける環境を
作りたいと思っています。

最終的には
国立スポーツ科学センター
みたいなところを作って、
あらゆるスポーツの
・指導者の育成
・選手の育成
をしていける環境作りを目指したいですね。

そのためにもまずは自分が
「武学」を学び、それを伝え、
実践していける人たちを
各スポーツで作っていくことが
僕個人の理想となります。

とまぁつらつらと書いていきましたが、
これが僕の考える
「理想の世界」
です。

道のりは当然険しいですが、
できないことではないとも思っています。

このブログは名前こそ
武学籠球
ということで
バスケットのブログですが、
(まだバスケの記事は一つも書いていないが…)

どんなスポーツにも活きることを
書いているつもりです。

もし、バスケ関係の方で
他のスポーツに知り合いがいて

このブログに少しでも
興味を持っていただけたなら、
是非とも広めていただけると
ありがたい限りです。

そしてたくさんのシェアと創発で
スポーツを次の次元に押し上げていきましょう。

では今日はこのへんで。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ひがしだ
    • 2017年 8月6日

    初めまして。
    様々なスポーツの交流の場。
    素晴らしいと思います。自分はサッカー畑ですが、ドイツに来ています。そこでわかるのはサクラブがスポーツを通した交流の場として文化になっているということです。
    自分も帰国後このような交流の場のクラブを作りたいと思っています。応援しています。お互いに頑張りましょう。

      • bewater
      • 2017年 8月6日

      ひがしださん、初めまして。
      コメントありがとうございます!
      日本を知るには、日本の外のことを知らないとということですね。
      サッカー界はバスケ界よりも進んでる部分がたくさんあるので、もっと見習っていきたいです。
      お互い頑張りましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。