バスケの基礎はすべて〇〇?

この記事は2分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。


たまにはバスケっぽいことでも
書きましょうかね…笑


早速あなたに質問です。


バスケのOFFの基礎スキル
はなんですか?








ほとんどの方が
・シュート
・ドリブル
・パス

と答えるのではないでしょうか?


しかし、僕はこう答えます。

「パス」
と。


僕のブログを観てくださっている方は
知っているかと思いますが、

以前、僕はブログで
「シュートはプッシュパスだ」
と書きました。
(そのブログはこちら)

この投稿は僕のブログの中で
大きな反響をいただいたのですが、

大事なのは
どれだけ抽象度を上げられるか?
ということです。


シュートはシュート
パスはパス


と考えていては
いつまでたっても

シュートはパス

という結論に至らない
でしょう。


そこに繋がりはないか?
こうも考えられるのでは?

といろんな視点から観ていきたいですね。



では僕はすべて「パス」
だと言いましたが、
ドリブルはなぜパスなのか?


ドリブルというのは
片方の手から地面にボールをついて
同じ手または逆の手に
ボールを返すことを連続させていったものです。


この
ボールを地面について
目標とする位置へとボールを移動させる

というのはあるパスに似ていませんか?


そう、
バウンドパス
ですよね。

当然バウンドパスは
ある人から他の人へ
ボールをバウンドさせてパスをする
ものですが、

ドリブルはこれを
自分の手と手
でやっているだけです。


さらに
ドリブルというのは
自分の身体から自分の身体へ


通常のパスというのは
自分から他の誰かへ


そう考えたらドリブルって
意外と簡単じゃありませんか?

ボールが行きかうのは
自分の身体
だけですからね。

あとは自分の身体とボールを
自在に動かせたらOKです。

そこを練習するのです。


これですべてがパスと繋がりましたね。

ドリブルは自分の手と手
にパスをしている。

シュートはリングに
丁寧にパスをしている。

パスは自分とは違う動く人に
パスをしている。


ということですね。



言葉で表すと通常のパスが
一番難しそうですよね。


まぁ相手も
自分の意志を持って
動く生命なので、

ある程度パスがズレても
取ってくれますけど、

そのパスがバチっと決まったとき、
自分が出したい場所が
相手がパスを欲しい場所

となったときというのは

繋がりを感じられる
チームを感じられる
時となり、

あなたがパスにはまる瞬間
かもしれませんね。


なので、僕の中では
「すべてがパス」
であり、一番難しいのが
「通常のパス」
となります。


単なる
バウンドパス
をすごく丁寧にやることで
ドリブルもうまくなり、

単なる
プッシュパス
をすごく丁寧にやることで
シュートがうまくなる。



すべてに繋がりを持つことで、
すべて一緒に成長させていきたいですね。


では今日はこの辺で。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 01.09

    破壊と創造

    • ゆかだ
    • 2018年 4月30日

    初めまして。
    シュートはゴールへのパスというワードについてはは以前にも似たような記事を拝見させていただき1度3pラインからのプッシュバスからシュートにつなげるというのを実践したところ簡単に届くようになりました。
    慎さんはシュートの時に意識するのは胆力と身体の連動と書かれていて胆力というものに興味を持ちました。
    機会があればそのことについても書いていただけると嬉しいです。長文失礼m(_ _)m

      • bewater
      • 2018年 5月15日

      ゆかださん、コメントありがとうございます。
      胆力というものはなかなか説明しずらいものであもあり、
      僕がやっている講座の方で詳しくやっていく予定です。
      もし、よろしければその講座にはいって学びを深めていただければと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている

オンラインシュート講座

最近のコメント

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。