フルオーダーメイドってどういうこと?

この記事は2分で読めます

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今日もブログへの訪問、
ありがとうございます。

慎です。

昨日はシュート講座に参加されていた方の
「シュートフォーム変遷」
ということでお話させていただきましたが
いかがでしたでしょうか?

まだ観ていないという方はこちらからどうぞ↓
シュート講座参加者さんのフォーム変遷

今回の講座のテーマは
「フルオーダーメイド」

その名の通り、
「あなたに本当に合ったフォーム」
を観つけていただくのですが、
どうやって観つけていくの?って思いますよね。

世の中にはシュートに関して
いろいろな理論がありますが
僕の講座でやっている内容には理論というものはありません。

「いい状態とはどんな状態なのか?」
ということがはっきりしていて
「それをどうやってチェックするのか?」
という方法がちゃんとあるだけです。

「いい状態」というのも
解剖学的にとか、研究結果的にではなく、
「ボールに力が伝わるとはどういうことなのか?」
から観ていっているので
百人いれば百通りの「いい状態」が創られます。

なので、
「腕は絶対こうしてください!」
「膝はこれぐらい曲げてください!」

などの文言は一つもありません。

徹底的にチェックして自分合った状態を観つけていきましょう。

これだけです。

そこに対して僕の経験、体験を踏まえた話や
「シュートはパス」という考えを織り交ぜながら
さらに自分に合ったものを観つけていったり、
飛距離を伸ばしていったりしていただきます。

本当にこれだけですが
参加者さんの中にはバスケ素人でバスケ部の顧問になった方もいて、
その方は今ではスリーは余裕で届くようになりましたし、
ディープにもどんどん挑戦されています。

僕は身体の可能性に氣付いていただけるよう講座を創り、
あとはその方がどれだけ取り組むか次第
ということですね。

きっかけは僕が創るので
あとはみなさんのシュートを上達させたいという思いがあれば
いくらでも進化していくことができます。

そして、どんどん飛距離も確率も高めていき、
もっとバスケを楽しんでいきましょう。

シュート講座第二弾の詳細、お申し込みはこちら↓


では今日も読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 07.10

    メンタルと体

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介
名前:坂口 慎
出身地:富山県
バスケ歴:18年
古武術を独学で5年、そこから限界を感じていたときに「武学」に出会う
今ではその武学をバスケに応用し、クリニック、オンライン講座などで広めている
クリニックのご依頼はお問い合わせからご連絡いただけるとありがたいです

オンラインシュート講座

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。